法律上の浮気について

裁判をして離婚をするにしても、慰謝料を請求するにしても浮気の確たる証拠が必要です。
また浮気という概念は人それぞれだとは思いますが法律上では明確に決められています。
浮気は法律上では不貞行為と言います。
法律上の不貞行為というのは「配偶者以外の異性と性的行為を行うこと」になります。
つまりメールやLINEのやりとりだけでは不貞行為とは認められません。
デートしていただけというのも客観的に性的行為が判断できるものでもないため、違う証拠が必要です。

浮気の証拠はコレ!

しっかりした言い逃れできない証拠を押さえるには性的関係が証明できるものが必要になってきます。
ラブホテルに出入りしている写真など性的関係がある事が客観的に判断できるものが望ましいです。
ラブホテル以外では浮気相手の家に宿泊している事が判断できる映像があればいい証拠になります。
手を繋いでいたり、腕を組む。キスをしているなども浮気相手との親密な関係を客観的に判断できる材料となりますが、性的関係を決定づける証拠が一番重要です。

浮気の証拠は1回の証拠では足りない理由

浮気の証拠は基本的に複数必要です。
1回だけでは足りない理由をご説明します。

証拠が少ないと言い訳される

ラブホテルに出入りする瞬間をバッチリ撮影できても、1枚だけだと言い訳される事もございます。
近年のラブホテルは設備も充実しているため、近くにパソコンがある所に入った等の言い訳をされてしまいます。
カラオケや映画、プールなどもありますからね。
また飲み会や女子会などのプランも充実しているラブホテルも多数あり、便利だから利用したとびっくりするような言い訳をします。
とは言え何度もラブホテルを利用している証拠があれば言い逃れできません。

1度の不貞行為では離婚ができない

裁判で離婚をする場合になりますが、1度の不貞行為では離婚はできません。
基本的に過去の裁判例から判決されることになりますが、今までの裁判で1回の不貞行為で離婚を認めた判例はありません。
そのため複数回の不貞行為の証拠が必要になってきます。

1回だけの証拠では慰謝料が安くなる

1回でも浮気は浮気です。
しかし裁判で慰謝料を請求するときに慰謝料が安くなる傾向があります。
複数回の不貞行為と1回だけの不貞行為には裁判する上では差があります。
そのため1回だけの浮気の証拠では足りないのです。
状況によって異なりますが、3回分あれば問題ありません。

福岡市で浮気調査、素行調査をご依頼の際は当社へご相談ください。

当社ではお客様の立場に立ってご相談、ご対応させていただきます。
相談、お見積りは無料です。
相談や見積もりをしたからと言って必ずお金を払って依頼してくださいと言う事はございません。
相談だけでもお客様に有意義なアドバイスができればと思います。
ご依頼の場合はご予算やお客様のご要望に合わせた浮気調査、素行調査をしますのでご安心ください。